SEとして独立することのメリットとは?

SEにはいろいろなものをつくることの出来るおもしろさがある。
クライアントからの案件は毎回異なるもので、毎日同じ仕事を繰り返すルーチンワークのようなことはない。

専門職でもあるため、仕事を続けることが自分のスキルを磨くこととイコールになる。
自分が作り上げたシステムが世に出て人の役に立てば喜びもひとしおであるし、達成感も味わうことが出来る。

より自由に仕事をしたい、スキルを磨いていきたいといったSEの中には独立を考えている方もいるだろう。
独立すればもちろん大変な部分も出てくるが、その分多くのことを得ることも出来る。

例えば、簡単なところでいうと収入が増える。
これは今まで会社に配分されていた分が、すべて自分の収入になるからだ。

仕事も選ぶことが出来るようになるため、スキルを伸ばしたい仕事を選んでいくことも出来る。
そして、関わった仕事はすべて自分の実績としてアピールすることも出来る。

クライアントからの仕事の依頼を受けたり機能のプレゼンや提案を行ったりとコミュニケーション能力が求められる場面も増えてくるが、その分多くの人とのつながりを持つ機会も多くなるため、人脈を得ることも可能だ。
人脈が得られれば、そこから派生して別の仕事を請けられる可能性も出てくる。

このように、SEは独立後も多様な可能性を秘めている。
会社に管理される日々に疑問を感じているのであれば、独立という選択肢を視野に入れるのも一考かもしれない。