エンジニアが独立によって得るやりがいとは

システムエンジニアが独立するケースが多いのは、仕事にやりがいを求めるためである。
会社に属した開発環境に身を置いていると、同じような作業の繰り返しによって、新たな技術に触れる機会がないからだ。

これは会社側の都合によるものだが、人材育成にまで手が回らない事情がある。
それよりも、新しい技術を学んだ若いエンジニアを雇うことで、コストを抑えつつも効率の良い開発ができるというわけだ。

そこで経験を積んだエンジニアは独立し、自ら技術力を高めて新たな開発案件に取り組もうとするのである。
実際には仕事を確保することは難しく、会社員時代よりも高い報酬を得られる人材はごく一部となる。

それでも、会社勤めを続けるよりも自分のキャリアは自分で選びたいと思う人が多いと言える。
独立した後に様々な業務に携わることで、管理への道に転向するケースも少なくない。

これは普段の会社での業務ではなかなか備わらない管理スキルが、全てを自分でこなすようになるフリーランスになることで、自然と身に付くのが理由である。
これまでの開発業務とは異なる、新たなやりがいを見出すというわけだ。

さらにその後、プロジェクトマネジャーを経てコンサルタント業務へと移る人材もいる。
クライアントの要望を叶えることから、その要望自体を提案する業務を行うというわけである。

実際に多くのクライアントは、抱える課題をどのような形で解決すれば良いのかわからないものなので、コンサルタントとなることで経験を生かした提案ができるようになる。