企業勤めからフリーになる際に不可欠な心構え

IT企業で働いてきたエンジニアが現場での経験と自分自身での勉強を通して十分な能力がついたと判断すると、その企業に留まらずに独立してフリーエンジニアになることを決断することは多い。
働きたいだけ働いて稼げるのが魅力であり、体力も気力も充実している間に稼げるだけ稼ぎ、同時に経験も積んでエンジニアとしての能力を引き上げる機会になるからである。

多くのエンジニアが目指すようになって安易に決断してしまう人も散見されるようになってきたが、独立するときには不可欠な心構えがあることは知っておかなければならない。
仕事がなければ働けないのがフリーエンジニアの原則であり、そのための基本が身についていることが求められるのである。

重要になるのは他のフリーエンジニアと比較しても有能であって仕事を依頼したいエンジニアであると判断してもらうことであり、自分のエンジニアとしての特性を理解できるようにアピールする能力が求められる。
また、スキルとして具体的に何ができるのかをわかりやすく伝えられなければ必要な能力のあるエンジニアかどうかが判断できない。

企業に直接アピールするときにも重要だが、エージェントを利用する場合でも同様である。
エージェントが自分のエンジニアとしての能力を正しく見定めることができて初めて自分に合った仕事を得られることになるからであり、特性を正しく理解してもらえるように用意した上でエージェントに相談することが欠かせない。